築29年の家 建て替えの記録 ~シンプル&ナチュラルに暮らしたい~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kae*
 
[スポンサー広告
気になる窓
前回の打合せでは、窓も大まかに決めました。
引き違い、横滑り、縦滑り、FIXなどなど…色々ありますが、
同じ種類の同じ大きさの窓を使うことでコストが
抑えられるそうなので、なるべく同じ物を使える場所はそうしました。
次回立面図に選んだ窓の形状に書きなおしてもらい、
納得できたら決定となるのでしょうね。

その打合せ以来、車を運転中も他人の家の窓の形状が気になる気になる(笑)
 
 この家は窓にもずいぶんお金をかけているな…

というような家が結構あって、窓にお金をかけられる余裕があって
良いな~なんて思ったりします。
我が家は吹き抜け部分の窓が少々高額なので、
他の部分で抑えて…といった感じ。
でもシャッター付きにすると、かなり金額アップしちゃうんですね(・・;)
履き出し窓にだけは防犯上つけておきたいし…
痛い出費だけど仕方ないよね。


スポンサーサイト
Posted by kae*
comment:0   trackback:0
[つぶやき 
詳細打合せ【1回目】
 
午後3時から1回目の詳細打合せでした。
今回は間取りの確認と内部仕上げ材の確認です。

大きな間取り変更はありませんでしたが…
詳細打合せって結構時間かかるんですね。
3時スタート夜7時くらいまで。
4時間もかかった!
平日の午前中はパートに出ているので、もうヘトヘトです。

自然素材を使った家にしたいけど、全部そうするなんて予算上無理。
1階は珪藻土がほとんどですが、2階はクロスを使います。
クロスのサンプルを置いていったけど、
あの小さなサンプルから選ぶなんて難しいぃ~。

それから窓の形状も大まかにですけど決定。
イメージしながら決めるのって大変ですね。
実際家が出来てから、やっぱり違う窓の方が良かった…
なんて事にならないと良いけど。

Posted by kae*
comment:0   trackback:0
[着工まで ]  thema:家作り日記 - genre:ライフ
ついに契約!
最終的に見積りまで進んだK社とY社で比較検討した結果、
地元のY社にお願いする事に。
K社へ断りの電話を入れる時は本当に辛かった!
夫が断りの電話をしてくれましたが、誰かのブログに書いてあったように
まさに恋人との別れ話を聞いているようでした。。。
電話を切って家族でお茶している時に思わずぽろっと涙が出ちゃった。
とても良くしていただいたし、良い方たちだったので。

でも2つ家を建てるわけにはいきません。
良い方たちだからと、それだけでお願いするわけにもいきません。
良い人なだけでなく、良い仕事もしてくれないと…。
K社は常に営業と設計士の2名、または新人の営業さんも交えて3名で
打合せへ来ていました。にもかかわらず、議事録をきちんとつけてくれず、
打合せ回数を重ねている割に伝わっていないなと感じる点がかなりあったのです。
K社との方がお付き合いは長く、完成見学会では本当にたくさんの家を
見せていただき勉強させていただいたのですが…。

辛い決断でしたが、Y社にした決めては小さい会社ながらも
信頼できるところとセンスの良さでしょうか。
もちろん、議事録は1番最初の相談の段階からきちんとつけてくれていました。
議事録って私達施主が読み返しても
そう言えばこんな風に思ってたな~と再認識できたり、
依頼先の担当者も打合せ時に決まった事や私達が言っていたことが
再確認できたりするので本当に大切な物だと思うんですよね。
議事録つける方は、打合せをしながらも記入しなくてはならないので
とても大変だとは思うのですが…。
いつもきちんとつけてくれるY社の方には感謝の気持ちでいっぱいです。

センスの良さも文句ナシです!
実はお断りしたK社には詳しくまとめた要望書を提出していましたが、
Y社には要望書を提出していませんでした。
でも打合せ時のヒヤリングだけで、私たち夫婦の望んでいる事を
おおよそ理解してくれた。
打合せのたびに楽しくて、ドキドキさせられて、グッとくるような提案をしてくれる。
もう絶対ここにお願いしたい!と早い段階から私はそう思ってました。


K社派(?)だった夫も納得してくれて、本日Y社と契約しました。
いよいよという感じがしてきました!
Y社と一緒に素敵な家づくりができますように。
Posted by kae*
comment:0   trackback:0
[依頼先決定まで ]  thema:家作り日記 - genre:ライフ
自然素材を使いたい
建て替えの方向で検討し始めてから依頼先決定までは、
半年以上はかかったでしょうか。
住宅展示場や工務店も何社か訪問しました。
最終的に見積りまで進んだ2社は、大手ハウスメーカーではなく
自然素材を扱う小さな会社でした。
私が化学物質の臭いに敏感だったり、息子もアトピー性皮膚炎、
おまけに夫婦揃ってアレルギー性鼻炎だったりするので自然素材には
以前から大きな関心がありました。

某ハウスメーカーの展示場へ行った時、
「壁紙も家具も全てF☆☆☆☆ですから安心です!」
と誇らしげに言っていた営業マン。
でも、その言葉とは裏腹に、モデルハウスのドアを開けた途端に
私はそのツーンとした臭いに反応してしまい、気分が悪くなってしまいました。
以前から家具屋さんに行ったりすると、嫌な臭いだなと感じたり
具合が悪くなったりした事は ありましたが、このハウスメーカーの
展示場の一件で、私は化学物質に反応してしまうんだと 確信しました。
そんな事もあったので、なるべく無垢の床や珪藻土などを使った家にしたいと
強く思うようになり、自然素材を扱っている事は絶対条件になりました。
予算の都合もあるので、全て無垢・珪藻土にする事は無理ですが、
長い時間居る場所には自然素材を使いたいなと思ってます。


Posted by kae*
comment:0   trackback:0
[依頼先決定まで 
今のおうち これからのおうち
今住んでいる家は元々夫の実家です。
私達が結婚後間もなく、夫の両親が義母の実家へと移り住む事になり、
今の家が空いてしまうので住まないかと譲り受けた家です。

当初から、リフォームするなり建て替えるなり好きにしていいと言われていました。
でも建て替えるにはまだ早く、リフォームもしなくてもまだまだ住める…
そう思って、ペンキの塗り替え程度はしたけれど、
特に手を加えることなく数年が経過。
古い家だけど、子どもに多少汚されても気にならなくて良かったし、
大好きな雑貨などを飾ったりして、それなりに楽しみながら暮らしていました。
でもふと気づくと、壁紙も床も水周りも…
全てにおいて、そろそろどうにかした方がという状態に。
30年近く経っているんですから当然ですよね。

そして2007年春、近所で開催されたリフォーム祭に足を運び、
後日初めてリフォームの見積りを出してもらったのです。
でも軽~く1千万円を越す見積りに驚き、だったら思い切って建て替えの方向で
考えてみようと夏頃から本格的に指導開始したのです。

このブログは、そんな我が家の建て替えの記録を残そうとスタートしました。
素敵な おうちができるといいな♪
Posted by kae*
comment:0   trackback:0
[きっかけ]  thema:家作り日記 - genre:ライフ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。