築29年の家 建て替えの記録 ~シンプル&ナチュラルに暮らしたい~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kae*
 
[スポンサー広告
娘が泣いた一冊
犬が大好きな娘(11歳)
「犬馬鹿」と呼んでしまうほどの犬好きで、造形を習ってますが、
テーマが自由の時は必ず犬を描いたり作ったりしています。
1年生の頃から習ってますが、ほとんどの作品に犬が登場しています(笑)

犬を飼いたい飼いたいと言ってますが、そう簡単に飼うことはできません。
理由はいくつかあります。

夫が昔犬を飼っていたことがあったけれど、やはり人間より先に死んでしまう。
死んでしまった時の絶望感、悲しみを忘れられないと夫はよく言っています。

それから私自身ペットを飼ったことがないので、
きちんと世話ができるか不安であること。

私と息子がアトピー性皮膚炎(それ程ひどくはありませんが)の為、
大丈夫かもしれないけれど、
飼ってからアトピーが悪化してしまった→手放さなければならない…
なんて事になったら犬も可哀想。

などの理由が大きなところでしょうか。
もちろんお金もかかるようですし…
経済的にも余裕がないと飼えませんが。

少し前に買ってあげた本、犬と私の10の約束がとても気に入った様子。
何度も読み返しては涙しているようです。
でもこれを読んでからは、ただ飼いたいと言う気持ちだけでは飼えない事を理解したみたい。
飼ってみたいけど、いつかは別れが来てしまう……
それを考えると泣けてくるようです。

映画の原作本も読んでみたいし、もちろん映画のDVDも借りて子どもと観てみたい。
夏休み中に借りてこようかな♪
スポンサーサイト
Posted by kae*
comment:0   trackback:0
[日々のこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://3choumenoouchi.blog52.fc2.com/tb.php/104-2f04ef80
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。